研究紀要他

研究紀要 第17号

本文64頁 価格1,000円
▼概要を表示する

いわき市アンモナイトセンター内の双葉層群足沢層化石密集層より産出した化石群(歌川史哲)
福島県いわき市の双葉層群足沢層のチャート礫より産出した三畳紀放散虫化石について(歌川史哲)
いわき市砂畑遺跡から出土した「道口」の墨書土器について(猪狩みち子)
いわき地方の道標(2) -塩の道編-(矢島敬之)
草野心平と粟津則雄「ゴーギャンの赤」をめぐって(渡邊芳一)

研究紀要 第16号-設立40周年記念論集-

本文101頁 価格1,000円
▼概要を表示する

いわき市アンモナイトセンター上部白亜系双葉層群足沢層より産出したコニアシアン・アンモナイト(二上政夫・鈴木直)
伊豆半島下田市周辺の新第三系白浜層群原田層から産出した生痕化石(歌川史哲)
愛谷遺跡出土の皿状土製品について(樫村友延)
神谷作101号墳出土埴輪小考(木幡成雄)
<研究ノート>いわきの式内社覚書-記録に見る神社観の変遷-(中山雅弘)
鉛弾考-水品遺跡出土の金属製品について-(末永成清)
いわき地方の道標(1)-戊辰戦争編-(矢島敬之)
「勿来関冠題辞」碑について(馬目聖子)
草野心平と文芸誌「毒草」(渡邊芳一)
いわき市生涯学習プラザにおける地域情報発信の試み-開館15周年記念企画展『写真に見るいわきの映画館』を中心に-(鈴木秀幸・梛良幸広)
<資料紹介>吉野せい・草野心平書簡翻刻-吉野せい著『暮鳥と混沌』刊行に至る経緯を解く資料として-(長谷川由美)

研究紀要 第15号

本文25頁 価格500円
▼概要を表示する

いわき市アンモナイトセンター体験発掘場より産出した白亜紀新世のMesopuzosia属大型アンモナイトとその古生物学的意義(中田健太郎)
伊賀屋敷遺跡出土の仏教関連遺物と古代菊多郡について(猪狩みち子)
国魂経隆遺領配分状案にみる国魂氏一族について(中山雅弘)

研究紀要 第13号

本文51頁 価格300円(割引価格)
▼概要を表示する

いわき市番匠地遺跡における水さらし場遺構の検討(渡辺誠)
作B遺跡の調査概要と自然科学分析調査(高島好一)
いわき市考古資料館における展示・収蔵に関する調査報告(伊藤健司)
附篇:連郷B遺跡出土木製品に発生した白色粉体の分析(植田直見)

研究紀要 第12号

本文18頁 価格130円(割引価格)
▼概要を表示する

連郷遺跡における漁撈活動について(猪狩みち子)
いわき市川部町横根遺跡出土の人面装飾付土器(木幡成雄)
いわき市常磐西郷町採集の子持勾玉について(松嶋直実)

研究紀要 第11号

本文66頁 価格300円(割引価格)
▼概要を表示する

いわき市勿来町郡遺跡の考古資料(中山雅弘)
荒田目条里遺跡礼堂地区出土の石製・土製模造品ノート(矢島敬之)
いわき市泉町出土の墨書土器について(斉藤美穂)
トータルステーションによる遺構断面図の作成(梛良幸広)

研究紀要 第10号

本文26頁 価格300円(割引価格)
▼概要を表示する

古代磐城郡「和郷」に関する諸問題(渡邉一雄)
いわき市勿来町御城前遺跡の考古資料(中山雅弘、山崎京美、大津拓直)

研究紀要 第9号

本文37頁 価格300円(割引価格)
▼概要を表示する

縄文後・晩期におけるいわき地方の地域性-骨角器の製作工程を中心に-(猪狩みち子)
いわき地方の弥生土器編年について(中村五郎)
いわき市域における5~7世紀の土師器甕について(江川逸生)

研究紀要 第8号

本文47頁 価格300円(割引価格)
▼概要を表示する

横穴報告書についての二、三の検討-いわきの横穴群から-(渡邉一雄)
いわき市荒田目条里遺跡出土木簡の意義(橋本玲子)
窪田外城跡について-歴史地理学的方法による歴史景観復原の試み-(江川逸生)
磐城の古式捕鯨-磐城七浜捕鯨絵巻から-(小野浩)

四時ダム建設予定区域内確認調査報告 ※残部少

本文90頁 価格400円(割引価格)
▼概要を表示する

ダム建設で水没する南大平地区の地質・生物・民俗・歴史の報告書。

化石鑑定の基礎 

本文フルカラー46頁B6版 価格500円
▼概要を表示する

いわき市アンモナイトセンターから産出される化石を1冊にまとめ、写真付きで紹介。体験発掘の際の手引きとしてご活用下さい。

ページのトップへ戻る